人気のある

最近は通常の墓地ではなく納骨堂を利用する家も増えてきました。

最近は通常の墓地ではなく室内にある納骨堂にお骨をおさめる家も増えてきました。 ひとことに納骨堂といっても以前と比べてデザイン性質が高く遺族がゆったりと中で故人を思って時間をすごす事の出来る構造や広さをもたせてある設備の所も増えています。 従来の納骨堂は一般的な墓石を建てるというのではなくそれぞれの家に定められたスペースの区画にお骨をおさめて、そこにお参りをする形式をとっています。 最近は屋外に建てるような従来の墓石をまるまる室内におさめて霊園と同程度の広さを確保した室内霊園ともいえる程の規模の所もあります。 同様に室内でも小型の仏壇程度の大きさの規模の区画を納骨堂の中で割り振る所もあります。 全体的に従来よりも、よりお参りしやすく長く故人といる事が出来るように工夫している所が増えてきています。

管理と区画ごとの販売等を執り行う団体は幾種かあります。

納骨堂を常日頃管理し、区画ごとに販売と納骨を執り行うのは葬儀会社や大きな自社系列、宗教法人などがあります。 めいめいの団体の提供する1軒の墓に相当する区画のサイズや販売価格、年間管理料や永代使用料などは違いますので実際に問い合わせをして比較する事をお勧めします。 その場所の立地条件や交通アクセスなどもめいめい変わってきますので、定期的にお参りをする予定の人は交通の便も頭にいれて比較する必要があります。 最近は入る家の宗派は不問という納骨堂が増えてきましたが、宗派にかかわる注意事項は一連の問い合わせを行った時に必ず確認をしておくべき内容です。 最近は納骨堂という名前ではなく、その場所ごとに違う名前をつけて運営している事が多いので一見するとわかりづらいので葬儀や石材、法事関連の業者に問い合わせてみるのもひとつの方法です。