遺骨の収納

納骨堂のさまざまなスタイルについて

「納骨堂」は、主に寺院・都道府県などの自治体・民営などに管理と運営が行なわれています。寺院の運営する「納骨堂」に遺骨を納める場合、墓を建立する場合のように檀家として入檀する必要がないといった特徴があります。 「納骨堂」の種類の違いは、主に遺骨を納める厨子と呼ばれるスペースの違いにあります。厨子は、棚型・ロッカー型・仏壇型・機械制御型などのタイプに分けられます。棚型は和風などにあしらわれた棚に遺骨を安置します。ロッカー式の場合、棚式に扉がついたものとなっています。次に仏壇式の場合、上下などの段に分かれているのが一般的です。上には位牌を納める仏壇があり、下に納骨スペースがとられています。機械制御式の場合は、専用のカード等を使用し、収納庫から遺骨を参拝室に呼び出すシステムとなっています。

競合・類似する墓地のスタイルについて

「納骨堂」に競合・類似するものとしては、「永代供養墓」や「樹木葬」などがあげられます。 「永代供養墓」とは、寺院が家族や親族に代わり供養・管理する墓のことです。縁も所縁もない人々と共に納骨されるのが一般的で、年間の維持費などが掛からないのが特徴です。「合同墓」や「合祀墓」などとも呼ばれます。 「樹木葬」とは、1999年に登場した新しい埋葬方法です。「樹木葬」は、墓地と認定されている寺院や霊園の土に遺骨を納め、墓石の代わりの墓標として樹木を用いるものをいいます。遺骨はそのまま土葬されるので、環境に配慮された埋葬方法として注目されています。使用される樹木は紅葉やハナミズキ、エゾアジサイ、梅もどきなどが使われます。